企業情報建築・建設業の企業情報一覧

エリアから探す
業種
リフォーム全般
建築関連全般
土木関連全般
大工・左官
屋根・外壁
塗装・防水
内装全般
造園・外構全般
電気・通信工事
住宅設備全般
防犯・防災・消防設備
空調設備
解体工事全般
上下水道・ガス管工事全般
舗装・しゅんせつ工事
デザイン・設計
リペア・ハウスクリーニング
現場監督・施工管理
営業職
その他(戸建て・マンション・ビル)
その他(その他建設)
その他(その他)
特徴

【検索条件】

36

検索結果

新和基礎調査株式会社
大阪府 建築関連全般 土木関連全般 造園・外構全般 解体工事全般 舗装・しゅんせつ工事 その他(戸建て・マンション・ビル) その他(その他建設) その他(その他)
広域エリア対応 地域密着 100件以上の実績 資本金1,000万円以上
住所:大阪府松原市天美北2-12-11
会社から:昭和60年に【地盤調査の専門企業】として 創業した新和基礎調査株式会社です。 アットホームでオープンな雰囲気の 当社は、少数ながら快適な街づくり~ 社会インフラまで幅広く携わっている 成長企業です◎
企業情報を見る お仕事の依頼 採用情報
脇田工業
大阪府 リフォーム全般 建築関連全般 屋根・外壁 その他(戸建て・マンション・ビル)
広域エリア対応 地域密着 戸建てに強い マンションに強い 店舗に強い
住所:大阪府松原市東新町1-50-29
会社から:あまり聞きなれないかもしれませんが、 珪石、セメント、生石灰、発泡剤のアルミ粉末を主原料として、 高温高圧蒸気養生という独自の製法による 軽量気泡コンクリート建材です! ALCパネルは不燃材料で耐火構造などの仕様や認定を持っています。 無機質の原料からつくら…
企業情報を見る お仕事の依頼 採用情報
株式会社バウムビルド
大阪府 建築関連全般 大工・左官 その他(戸建て・マンション・ビル)
人気の企業 広域エリア対応 資本金1,000万円以上 即日電話相談可 戸建てに強い
住所:大阪府松原市大堀3丁目14-18
会社から:株式会社バウムビルドでは、 住宅建築工事の工程で最も大工の人手が必要な「建て方」を専門でお引き受けし、 人手不足でお困になれている木造住宅建設会社様の生産性向上をサポートしています。 木造住宅の上棟工事は、熟練技能をもった大工ととび職人が必要とされ、 重労…
有限会社テック
大阪府 空調設備
人気の企業 広域エリア対応 戸建てに強い 店舗に強い 公共工事中心 特殊案件対応
住所:大阪府松原市新堂3-6-20
会社から:★空調設備の点検・保守及びメンテンス業務 ★空調設備の修理・改修工事業務 などの事業を展開しています。 大阪府・奈良県・滋賀県・兵庫県・和歌山県など 近畿エリアを中心に三重県・愛知県、徳島県・ 香川県、福岡県など、幅広く対応している 【有限会社 テック】です…
有限会社 田上軽鉄
大阪府 リフォーム全般 建築関連全般 内装全般 その他(戸建て・マンション・ビル)
人気の企業 広域エリア対応 地域密着 即日電話相談可 戸建てに強い マンションに強い 店舗に強い
住所:大阪府松原市天美我堂3-6-1
会社から:有限会社田上軽鉄は、施設・商業施設の軽天工事、ボード工事、GL工事、金物工事など、内装下地工事から、 内装解体まで幅広く手掛ける大阪松原市にある専門工務店です。
合同会社ゼルク
大阪府 電気・通信工事
住所:藤井寺市林1丁目15-30
企業情報を見る お仕事の依頼 採用情報
株式会社高野装飾
大阪府 内装全般
住所:松原市阿保6丁目12-17
企業情報を見る お仕事の依頼 採用情報
株式会社スペース・グリーン
大阪府 造園・外構全般
住所:松原市阿保5丁目6-4-101
企業情報を見る お仕事の依頼 採用情報
DENSHIN
大阪府 電気・通信工事
住所:藤井寺市林2丁目5-10グラティ302号
企業情報を見る お仕事の依頼 採用情報
株式会社松本基礎
大阪府 その他(その他)
住所:松原市阿保4丁目1-35
企業情報を見る お仕事の依頼 採用情報
Previous 1234

36件中、1~10件目を表示中

人気の請負企業

大阪府松原市/藤井寺市のエリア情報

松原市は、大阪都心への良好なアクセスで発展した衛星都市、田園住宅都市です。
阪和自動車道が開通、松原ジャンクションが完成するなど交通網が充実しています。
沿線部以外の地域は路線バスの利用が必要となり、市域にはこれといった基幹産業はなく、自主財源比率は良好とはいえません。
藤井寺市は、良好な交通アクセス性を備えた大阪府下もっともコンパクトな住宅都市です。
3本の主要府道が交差し、さらに市の中心部に藤井寺インターチェンジが設けられています。
良好な交通アクセス性に恵まれた良質な住宅地として高く評価されています。
どちらも交通が発達しているため、更なる地域復興を目指し、建築・建設業が整備を行う必要があります。

ページTOPに戻る