企業情報建築・建設業の企業情報一覧

エリアから探す
業種
リフォーム全般
建築関連全般
土木関連全般
大工・左官
屋根・外壁
塗装・防水
内装全般
造園・外構全般
電気・通信工事
住宅設備全般
防犯・防災・消防設備
空調設備
解体工事全般
上下水道・ガス管工事全般
舗装・しゅんせつ工事
デザイン・設計
リペア・ハウスクリーニング
現場監督・施工管理
営業職
その他(戸建て・マンション・ビル)
その他(その他建設)
その他(その他)
特徴

【検索条件】
業種:建築板金・雨樋工

0

該当企業は見つかりませんでした。

人気の請負企業

現在人気の請負企業情報はありません。

東京都千代田区のエリア情報

千代田区は江戸時代には徳川幕府の本拠地となり、現在も国会議事堂や首相官邸など日本の主要政府機関が数多く置かれていることから東京の中心地といっても過言ではありません。
中央に皇居があり、区の約15パーセントの面積を占めています。昨今は皇居の周りを走るランナーが激増して話題となり、また隣接する北の丸公園にある日本武道館は大物ミュージシャンが出演するコンサート会場として全国的な知名度を誇っています。
日本の行政の中心である霞ヶ関と、政治の中心である永田町、さらに日本一のオフィス街といわれる丸の内など、官公庁や経済団体、大手企業が集結していることから昼間人口が夜間人口を大幅に上回るのが千代田区の特徴の一つです。
政治やビジネスだけではなく、区の北部にある神田は古くから町人の町であり、芝で生まれて神田で育つのが生粋の江戸っ子と言われた江戸の下町の情緒を残しています。神田には儒学者が集まった昌平校があった伝統から学問の盛んな土地柄で、近代以降も多数の大学が立地し、出版文化が根付き、その一角の神田神保町の書店街は有名です。
新しい話題としては、昨年、開業100周年を迎えた東京駅が復元されたことから周辺地域にショッピング街が形成され、都内屈指の観光スポットとなりました。また電気街として知られる秋葉原も区内にあり、最近では電化製品のみならずメイドカフェ発祥の地として外国の観光客にも人気の場所となっています。このように千代田区は政治・経済からオタク文化まで多くの顔を持つ変化に富んだ街です。

建築板金・雨樋工とは

「建築板金」は、金属板を加工して屋根工事・外壁・ダクト・水回り工事を加工することを言います。また、これらを職業とする人は「建築板金工」と呼ばれており、以前は"銅工屋"と呼ばれていたこともありました。
建築板金の使用材料は「カラートタン/銅板/ステンレス/アルミ/真鍮」などで、建築の部位は"屋根・外壁・水回り"などになります。
また、スパンを必要とする大型物件などは多くの金属外装材が使われ、屋根材は「折板/波板/一文字葺/瓦棒/金属瓦」、外壁材は「金属サイディング/角波/波板/スパンドレン」が使用されています。
「樋(とい)」とは、屋根面を流れる雨水を集め、地上・下水に導くための装置や設備を指しています。特に、建築では雨水などを運ぶのに用いる"雨どい/雨とい"のことを言います。尚、「樋(とい)」は"とゆ"や"とよ"と言うこともあります。
樋の種類は、「軒樋・竪樋・箱樋」などがあり、形状は「溝型・管型・鎖型」があります。また、樋の構成部品は「樋集水器/樋集水器/エルボ/呼び桶/合わせ桝」があり、樋受金物を介して軒先に釘で、または直接打ち込んで固定します。

ページTOPに戻る