企業情報建築・建設業の企業情報一覧

エリアから探す
業種
リフォーム全般
建築関連全般
土木関連全般
大工・左官
屋根・外壁
塗装・防水
内装全般
造園・外構全般
電気・通信工事
住宅設備全般
防犯・防災・消防設備
空調設備
解体工事全般
上下水道・ガス管工事全般
舗装・しゅんせつ工事
デザイン・設計
リペア・ハウスクリーニング
現場監督・施工管理
営業職
その他(戸建て・マンション・ビル)
その他(その他建設)
その他(その他)
特徴

【検索条件】
業種:建築板金・雨樋工

0

該当企業は見つかりませんでした。

人気の請負企業

現在人気の請負企業情報はありません。

東京都江東区のエリア情報

江東区は東京都の東部に位置し、隅田川と荒川に挟まれた地域で、東京湾に面しています。
江戸時代に埋め立てが始まり、運河など水運を利用して、木材、問屋、倉庫などの産業で栄え、近年は工業地帯として発展してきました。区の名前の由来は江戸の東に位置する地理によるとも、「深川区」と「城東区」が合併して誕生したことから「江」は深川、「東」は城東を表すとも言われていまする。
区内の道と水路が縦横に走り、住宅地の側を船が通ることから“水彩都市”として特徴を打ち出していますが、地下水のくみ上げにより地盤沈下が進み、区の大部分がゼロメートル地帯で、海面より低い地帯も多くなっています。
臨海副都心としてバブル期以降、急速に開発が勧められ、街の景観が近代化されましたが、深川区域には神社仏閣も多く、地元の祭りも盛んに行われ、近代的な再開発地域と下町情緒が同居しています。
臨海副都心地域には大規模マンションや医療施設が建設ラッシュが起こり、かつてはゴミ処理場だった夢の島には緑豊かな公園や子供の施設が需実していることから、人口が増えています。2018年には築地市場の代替施設として豊洲市場が開業しました。また、東京オリンピック・パラリンピックでは有明アリーナをはじめ多くの競技場が配置されています。

建築板金・雨樋工とは

「建築板金」は、金属板を加工して屋根工事・外壁・ダクト・水回り工事を加工することを言います。また、これらを職業とする人は「建築板金工」と呼ばれており、以前は"銅工屋"と呼ばれていたこともありました。
建築板金の使用材料は「カラートタン/銅板/ステンレス/アルミ/真鍮」などで、建築の部位は"屋根・外壁・水回り"などになります。
また、スパンを必要とする大型物件などは多くの金属外装材が使われ、屋根材は「折板/波板/一文字葺/瓦棒/金属瓦」、外壁材は「金属サイディング/角波/波板/スパンドレン」が使用されています。
「樋(とい)」とは、屋根面を流れる雨水を集め、地上・下水に導くための装置や設備を指しています。特に、建築では雨水などを運ぶのに用いる"雨どい/雨とい"のことを言います。尚、「樋(とい)」は"とゆ"や"とよ"と言うこともあります。
樋の種類は、「軒樋・竪樋・箱樋」などがあり、形状は「溝型・管型・鎖型」があります。また、樋の構成部品は「樋集水器/樋集水器/エルボ/呼び桶/合わせ桝」があり、樋受金物を介して軒先に釘で、または直接打ち込んで固定します。

ページTOPに戻る