企業情報 建築・建設業の企業情報一覧

エリアから探す
業種
リフォーム全般
建築関連全般
土木関連全般
大工・左官
屋根・外壁
塗装・防水
内装全般
造園・外構全般
電気・通信工事
住宅設備全般
防犯・防災・消防設備
空調設備
解体工事全般
上下水道・ガス管工事全般
舗装・しゅんせつ工事
デザイン・設計
リペア・ハウスクリーニング
現場監督・施工管理
営業職
その他(戸建て・マンション・ビル)
その他(その他建設)
その他(その他)
特徴

【検索条件】

39

検索結果

株式会社新美総建
愛知(名古屋市以外) 建築関連全般 土木関連全般 大工・左官 その他(その他)
住所:愛知県半田市横川町3-210-7
企業情報を見る お仕事の依頼 採用情報
株式会社津留建設
愛知(名古屋市以外) 建築関連全般 解体工事全般
住所:愛知県知多郡阿久比町陽なたの丘2丁目115
企業情報を見る お仕事の依頼 採用情報
健治装建
愛知(名古屋市以外) 建築関連全般 塗装・防水
住所:愛知県知多郡東浦町大字森岡字一色畑6-1
企業情報を見る お仕事の依頼 採用情報
株式会社大弘建設工業知多営業所
愛知(名古屋市以外) 建築関連全般 土木関連全般 屋根・外壁 その他(その他)
住所:愛知県知多郡武豊町大字高字山4番地132B-308
企業情報を見る お仕事の依頼 採用情報
アイペイブ株式会社
愛知(名古屋市以外) 建築関連全般 土木関連全般 舗装・しゅんせつ工事
住所:愛知県知多郡東浦町大字森岡字藤後27-2
企業情報を見る お仕事の依頼 採用情報
株式会社知多土木
愛知(名古屋市以外) 建築関連全般 土木関連全般 大工・左官 防犯・防災・消防設備 上下水道・ガス管工事全般
住所:愛知県半田市瑞穂町8-7-8
企業情報を見る お仕事の依頼 採用情報
株式会社河崎海事
愛知(名古屋市以外) 建築関連全般 土木関連全般 大工・左官 その他(その他)
住所:知多郡武豊町一号地3の6
企業情報を見る お仕事の依頼 採用情報
株式会社倉建
愛知(名古屋市以外) 建築関連全般 大工・左官 その他(その他)
住所:愛知県知多郡阿久比町大字草木字中郷82
企業情報を見る お仕事の依頼 採用情報
株式会社沢田工務店
愛知(名古屋市以外) リフォーム全般 建築関連全般 デザイン・設計 その他(その他)
住所:半田市幸町1-30
企業情報を見る お仕事の依頼 採用情報
有限会社森総建
愛知(名古屋市以外) 建築関連全般 土木関連全般 大工・左官 解体工事全般 その他(その他)
住所:愛知県半田市岩滑西町4丁目17番1
企業情報を見る お仕事の依頼 採用情報
Previous 1 2 3 4

39件中、1~10件目を表示中

人気の請負企業

愛知県半田市/常滑市/知多郡のエリア情報

知多半島の東海岸部から中央部にかけてを「半田市」、西岸から中央部にかけてを「常滑市」が位置しており、両市は隣接する自治体となっています。
半田市は知多半島における行政の中心であり、市の代表駅が「JR半田駅」、市内の利用客が多いのは「名鉄知多半田駅」とされています。
JR半田駅の周辺には、「半田市役所」の公共機関や「酢の里・國盛酒の文化館・半田市鉄道資料館」などの文化施設が点在しています。知多半田駅の周辺は「クラシティ半田・ピアゴ半田店」などの商業施設やホテルなどが立地しています。
常滑市は、"窯業"が伝統産業であり、「常滑焼」は日本六古窯の一つとして広く認知されています。
中心市街に設置された「名鉄常滑駅」の周辺には、「μPLAT常滑」の商業施設や、「やきもの散歩道」なる陶磁器をテーマにした観光モデルコース、「常滑市陶磁器会館」へ向かうための道路"とこなめ招き猫通り"などが整備されています。
尚、半田市・常滑市の全域は、かつて"知多郡"の群域に入っていました。どちらも1900年代に群より離脱しており、現在の知多郡は「阿久比町・東浦町・南知多町・美浜町・武豊町」の5町が含まれています。

エコ・太陽光・オール電化とは

近年は省エネやエコ需要が大きく増え、太陽光パネルやオール電化製品などを設置する家庭や企業が増えてきています。
そのため、住宅やオフィスビルなどの建物を建築するときと同時に、このような設備を設置することもあります。
もちろん既存建築物にあとから設置することや、リフォームのときに設置することもあります。
設置工事といえど、ただ単に太陽光パネルや電気給湯機械を設置するというわけではありません。
安全に設置し正常に稼働するためには電気工事が必要であり、条件によっては配管工事もおこないます。
屋根に太陽光パネルを設置するときは、屋根に穴をあける場合もあるので、雨水の侵入を防ぐ防水工事もおこないます。
このように設備を設置するだけといえど、さまざまな種類の工事をおこなう仕事です。
また、製品によっては、安全確保のためのJIS規格が定められています。
そのJIS規格を守るためには正確に設置することが求められます。

ページTOPに戻る